猫と、私

  1. 書籍・レビュー
  2. [ edit ]

ルドルフとイッパイアッテナ

タイトルの記事、何の事か分かりませんよね(´-ω-`;)ゞポリポリ
珍しく、私にしては一気読みしてしまった本です。

秋です
すっかり、稲穂も黄金色になり、空も青空、吹く風も秋で、とても気持ちいいです。
お米の収穫も、そろそろかな?

美味しい料理
そうそう、今日は私の誕生日だったので、母と一緒に美味しいレストランへ行きました。
私のはタラバガニのパスタ(長い名前だったので、うろ覚え…)。
これがまた、美味しくて幸せヾ(*≧∇≦)〃♪

茶トラちゃん2
振り向けば、茶トラのジャックが布団に埋まって寝てるし

ハリー
だいぶ、おじいちゃんになってしまったけど、ハリーも元気です。
考えて見たら、ハリーって初代真之輔、2代目ルンバ、3代目ジャックを見守っているのよね。
…って、孫を見守るお爺ちゃんΣ( ̄ロ ̄lll)!?



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

よろしければ、ぽちっとお願いします。
スポンサーサイト
テーマ : 小さなしあわせ    ジャンル : 日記

  1. 書籍・レビュー
  2. cm: 0
  3. [ edit ]

インターネットが普及した現代では、電子書籍と言う便利なものがありますが、本はやはり手に取って読める紙の方が良いですね。

変な所で、アナログなのです。

ひよこと本
この本も、もう内容を覚えているぐらい読んだのですが、お気に入りの一冊で繰り返し読んでいます。

ボブ本
ボブという名のストリート・キャットと言う本も、なかなか面白いです。

ドキドキワクワクするような内容ではないですが、ジェームズ・ボーエン氏と猫のボブとの交流、そして彼らを取り巻く人々の物語が詰め込まれています。

世界各地で翻訳され、ベストセラーになっているだけのことはあります。





ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

よろしければ、ぽちっとお願いします。

  1. 書籍・レビュー
  2. cm: 0
  3. [ edit ]

ボブという名のストリート・キャット

うちの猫の毛色は、茶色です。

猫3
それがどうした、と言う話ですが、いま読んでいる「ボブという名のストリート・キャット」と言う本の猫が、ジャックそっくりの茶色い可愛い猫で。

ボブという名のストリート・キャットボブという名のストリート・キャット
(2013/12/14)
不明

商品詳細を見る

ボブには、人々を惹きつける「何か」があるらしい。

ぐいぐいと引き込まれて、読んでしまいました。

で、二巻目はまだ読んでいないのですが(早く読んでしまうと、もったいない気がして)

ボブがくれた世界 ぼくらの小さな冒険ボブがくれた世界 ぼくらの小さな冒険
(2014/12/16)
ジェームズ・ボーエン

商品詳細を見る

肩乗り猫なんて、何て羨ましい!

基本的に猫との交流が書かれていますが、それだけではない内容です。

お勧めですよ。





ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

よろしければ、ぽちっとお願いします。

  1. 書籍・レビュー
  2. cm: 0
  3. [ edit ]

念願の

読みたかった本を、ようやく読むことが出来ました。

本1
お客さまはぬいぐるみ。

これは何回も読み直せそうです。

ほんわかとしてて、温かい話です。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

よろしければ、ぽちっとお願いします。

  1. 書籍・レビュー
  2. cm: 0
  3. [ edit ]

海苔の日

今日は、海苔の日です。

全国海苔貝類漁業協同組合連合会が1966(昭和41)年に制定し、翌年から実施されました。

海苔、美味しいですよね。

お肉A
ある夜の、お夕飯のおかず。最近に限らずですが、何でも写真を撮る癖がついてしまいました。

そうそう、NHKで紹介されていた本『お客さまはぬいるぐみ』と言うのが気になっているのですが、お値段が1,400円。

お客さまはぬいぐるみ  夢を届けるウナギトラベル物語お客さまはぬいぐるみ 夢を届けるウナギトラベル物語
(2014/10/08)
東園絵、斉藤真紀子 他

商品詳細を見る


BookOffで売ってないかな?

何回も読み返せる物ならいいですが、一回読んで終わりだと買う気はないかなあ。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

よろしければ、ぽちっとお願いします。


NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY

自己紹介

MAI

書いている人:MAI
2015年10月に保健所から引き取って来た茶トラ猫ジャックと、信州での日常徒然。

黒ねこ時計

ジャックと豆の木

記事を投稿して木を育てると、成長した木が本当に植樹されるそうです。

訪問者数

天気


-天気予報コム- -FC2-